千葉県のマンション管理士 吉田総合事務所では、管理組合の立場に立ち、運営上の様々な問題やお困りごとの解決をお手伝いさせていただきます。

〒277-0863 千葉県柏市豊四季255-5-509

無料相談受付中!

04-7100-2025

営業時間:9:00~17:00(土日祝を除く)

当事務所のホームページをご覧頂き、ありがとうございます !

マンション管理組合の皆様に、マンション管理に関する
各種情報、ノウハウをご提供しますのでご覧ください!

   マンション管理組合が取り組まなければならない
   様々な [課題・問題の解決] を、マンション管理士
   に依頼するケースが増えています。

マンション管理士事務所「吉田総合事務所」は分譲マンションで起こる様々なニーズやお悩みに対して管理組合(理事会)の
よきアドバイザーとなるように努めてまいりますのでお気軽に
ご相談ください

お問合せ・ご相談はこちら

顧問契約について

  • 管理組合運営の包括的・総合的なサポート
    理事会、総会、専門委員会、財務会計等
    およびその他の相談業務

サービス案内

当事務所の『コンサル業務』のご案内です。

業務案内について詳しくはこちら

個別契約について

マンション管理のコンサルタントとは?

マンション管理組合のコンサルティングについてのお知らせです。 マンション管理士「吉田総合事務所」の考え方、基本的スタンスについて、次に述べさせていただきます。
 
分譲マンションが増加の一途にあり、それに伴ってマンション管理における課題は年々増え続けており、それだけ管理組合(理事会)の役割は重要になっています。しかしながら、各種課題・問題への対処にあたっては、調査、情報収集の時間がかかり、また専門的な知識が必要とされます。

マンション管理をめぐる最大の問題は、マンション管理に係わる問題が極めて複雑かつ多様であるにもかかわらず、これに適切に対応するため様々な専門知識が必要になりながら、その主体である管理組合の構成員である区分所有者が、これらの専門的知識を必ずしも十分に有していない場合が多いことです。

マンション管理に関わる「お役立ち情報」はこちら

管理組合にとってなぜコンサルタントが必要か?

管理組合の多くは「管理を買う」として、管理会社に委託管理費を支払う見返りとして管理会社にすべてのサービスの提供を求めるのが当たり前となっている傾向にありますが、管理会社は管理組合との委託契約の範囲内での業務が基本であり、契約条件を無視してのサービスをいつも提供出来るものではありません。

(私企業の管理会社の立場からは自社の利益を追求すれば、どうしてもお互いの利益が相反する関係になります) 管理組合は実務面を管理会社にアウトソーシングしているに過ぎないことの認識が必要になります。 あくまで管理の主体は管理組合自身にあるのです。

一方、マンション管理には幅広い専門的知識と多くの経験が必要です。管理組合役員の多くは仕事を持った居住者であり、管理のプロでもないことから自分達だけで各種課題・問題に自主的に取組むことはそう簡単なことではありません。

役員が1年~2年の輪番制となれば大規模修繕、規約改正、管理会社問題等、時間の掛かる問題はその時の役員に負担となって、どうしても先送りとなって迅速、適切に解決が出来ていない管理組合が現実には多い状況にあります。

課題や問題を迅速、適切に解決するには

マンションで発生する様々な課題・問題を迅速、適切に解決するには、管理会社ではない第三者の立場で中立的公平公正な視点でアドバイス(助言、指導)できる専門家の活用が、結局は快適なマンション生活、大切なマンションの資産を守る近道であると言えるでしょう。

そうした中で、国土交通省がマンション管理の標準指針として定めた
標準管理規約」の第34条に,

 「管理組合はマンション管理士その他マンション管理に関する各分野の専門的知識を有する者に対し、管理組合運営その他マンション管理の管理に関し、相談したり、助言、指導その他の援助を求めたりすることが出来る」

と位置づけて、その費用を管理費から充当することを正面から認めています。
この中で専門的知識を有する者とは、マンション管理適正化法に基づいたものとしてのマンション管理士ですが、これ以外には(1)マンション管理業者、(2)管理業務主任者、(3)その他として弁護士、司法書士、建築士、公認会計士、税理士等が考えられます。

この内、(1)マンション管理業者、(2)管理業務主任者は専門的知識を有する者ではありますが、管理組合との間で、委託、受託契約の関係であり、公平中立的な立場でのアドバイスは前述のとおり現実的には難しいと言え、また問題が解決する保証は必ずしもありません。残念ながら逆にトラブルになっている場合もあります。

次々に発生する様々なマンション問題の解決には、公平中立的な視点を持ってアドバイスが出来る専門家(コンサルタント)が求められています。また、単なる資格取得者で実務経験の少ない人より、相談に単に応じるだけでなく、管理組合のどこに問題があるのか実情を的確に把握し、類似の事例、過去の判例等に基づいて解決策をいくつも提案して、最適な道を導けるような(=管理組合運営を手助けできる)“実務能力”を持った人かどうかを確かめて、依頼することが肝心です。

分譲マンションが抱える主な問題とは?

ひとつの集合体の中で生活観を異にする人達がともに暮らし、多数の世帯が1棟の建物の上下左右に密接して生活する特殊性を持ち、わが国ではまだ歴史が浅い区分所有という所有形態に起因する権利・利用関係の複雑さが絡み合う分譲マンションでは、解決することが困難な問題が後を絶ちません。

この傾向は世帯数が1000戸を超えるような高層大規模マンションが建設されるようになって一層顕著になって来ています。さらに築年数が30年を超えるものが100万戸を超える昨今、建物の老朽化と居住者の高齢化という二つの老いの現実もあり、様々な「マンションの課題、問題」は、まさに社会の縮図とも言えます。

お問合せ・ご相談はこちら

マンション管理についてわからない点やご相談などございましたら、お問合せフォームまたはお電話にてお気軽にご連絡ください。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

04-7100-2025

受付時間:9:00~17:00(土日祝を除く)

このようなお悩みはありませんか?
  • 管理費を削減(節約)したいのですが、どうすればよいですか?
  • 管理費や修繕積立金を滞納する人がいます。どうすれば回収できますか?
  • 建物診断(劣化、耐震等)をしたいのですが、どうすればよいですか?
  • 管理規約が旧いので見直したいのですが、どうやってすればよいですか?
  • 役員の成り手がいないのですが、何かよい方法がありませんか? 
  • そろそろ大規模修繕の時期にきていますが、どのように進めればよいですか?

代表者ごあいさつ

代表 吉田 富美男

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

資格
  • マンション管理士
  • ビル経営管理士
  • 管理業務主任者
  • 宅地建物取引士
  • 建築物環境衛生管理
    技術者
  • ファシリティマネジャー
  • 防火管理者(甲種)
  • 証券内部管理者 等々

これからも管理組合の視点から快適なマンションライフ、マンションの資産価値の維持向上のために、管理組合の様々な課題・問題解決に誠心誠意で努めてまいります。

事務所概要

マンション管理士
吉田総合事務所

04-7100-2025

090-1047-3182

04-7100-2025

info@mankan-builkan.com

代表の吉田です。親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。